映画『海を駆ける』舞台挨拶

深田晃司 監督(第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞『淵に立つ』)最新作!

全ての生命を生み出す「海」

全ての命を奪う「海」

彼は「海」から現れた――――

インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ=インドネシア語で「海」と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていく。 果たしてラウは何者なのか…。

5月26日に深田監督とディーン・フジオカさんの舞台挨拶が行われました。

深田監督からオファーを受けた時どんなように感じられたのかという質問には
「アチェっていうと津波もすごいあって怖いイメージがありました。」とディーンさんは話した。また、一方で「この作品を通して、人生観や私生感みたいなものとか自分も含めて深田監督の深田ワールドに刺激されて新しい会話が生まれる作品なんじゃないかなと思いました。」と振り返った。

実際怖いイメージだと言っていたが行ってみたらどんな感じだったのか聞かれると「全然平気でしたね。すごいみんな優しかったですね!」とディーンさんは話した。

撮影については、スタッフについて聞かれると「撮影中も盛り上がっていましたよ。休憩ってなった時にずっと踊ったり歌ったりしていましたね、不良たちは(笑)」と楽しそうに深田監督とディーンさんが話した。

監督は「100人いたら100通りの見え方があって欲しいと思っています。体の鏡じゃなくて心の鏡になるような、それぞれの心のあり方があぶり出されてくるようなものがいい作品だと思っております。」と会場に呼びかけた。

【作品情報】
作品名:海を駆ける
出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由
脚本・監督:深田晃司
配給:日活 東京テアトル
2018/日本・フランス・インドネシア/107分
公式HP:umikake.jp
コピーライト:Ⓒ2018″The Man from the Sea”FILM PARTNERS
2018年5月26日(土)よりミッドランドスクエアシネマほかにて公開中!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る