特別展『海たび 尾張・知多の海とひとびと』

古代氏族「尾張氏」の海民伝承、宮の渡し、津島天王祭にみられる海とのかかわり、現在も盛んな漁業など、尾張・知多地方の歴史文化には古代以来一貫して、海に育まれた地域色があります。本展では考古学と民俗学の両面から、「行ってみたくなる海の歴史散歩」をコンセプトに、尾張・知多の海の歴史文化の特色とルーツにクローズアップします。

特別展『海たび 尾張・知多の海とひとびと』
会期:平成30 年7 月14 日(土)~平成30 年9 月17 日(月・祝) (開室日数56 日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)(7/17・23・30、8/6・20・27、9/3・10)ただし8/13 は特別開館、毎月第四火曜日(7/24、8/28)
会場:名古屋市博物館1 階 特別展示室・部門展示室
主催:名古屋市博物館 毎日新聞社 メ~テレ
協力:船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」、日間賀島観光協会、知多半島観光圏協議会
料金:一般 800(600)円、高大生 600(400)円、中学生以下 無料
()内は前売・20 名以上の団体
※前売券は7 月13 日(金)まで、名古屋市博物館、主要プレイガイド、主なコンビニエンスストア、チケットぴあ(P コード:769-014)、 ローソン、ミニストップのローソンチケット(L コード:43127)、イープラスなどで販売
お問い合わせ:名古屋市博物館 052-853-2655

無料招待券を
5組10名様にプレゼント!


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る