書で集う ― 競うたのしみ 江戸時代の寄り合い書き

企画展『書で集う ―競うたのしみ 江戸時代の寄り合い書き―』

書の世界では、何人かで力を合わせて制作した作品のことを、「寄り合い書き」といい、作品が生み出される場や動機によって趣も異なります。
本展では江戸時代の寄り合い書きをテーマに、画家と公卿らが協同で計画的に作った画帖や、文人の交流から生み出された書画などを中心に紹介します。また、作品づくりに欠かせない書法技術や制作背景にもスポットを当てていきます。 近年話題の、チームで取り組む現代の「書道パフォーマンス」の作品も展示します。メンバーの気持ちを一つにして、大きな作品を作りあげる過程も必見です。ぜひご覧ください。

会場:名古屋市博物館
会期:2019年4月27日(土)〜6月2日(日)
休館日:毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)・第4火曜・5月7日(火)・13日(月)・20日(月)・ 27(月)・28日(火)※4月27日(土)〜5月6日(月・休)は毎日開催
開館時間:9:30〜17:00(最終入場は16:30まで)
観覧料:一般300(400)円、高大生200(300)円、中学生以下無料、市内在住65歳以上100(200)円(敬老手帳等の提示が必要)
お問い合わせ:名古屋市博物館052-853-2655(9:30〜17:00)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る