スヌーピー×おもしろサイエンスアート展 開催

スヌーピー・ファンタレーション
スヌーピー×おもしろサイエンスアート展

20世紀のアメリカを代表する漫画家、チャールズ M. シュルツ原作の新聞掲載コミック「ピーナッツ」。この人気キャラクター「スヌーピー」が科学とテクノロジー、そしてアートとコラボレーションします!ダンスを披露する「スヌーピーロボット」や「ピーナッツ」の漫画約5,000枚を使ってスヌーピーを描く「4Dモザイクアート」、影になってスヌーピーと遊ぶ「マジックシャドー」など楽しいサプライズが満載。会場では様々なジャンルで活躍する日本人アーティストのスヌーピー作品を含む約110点を展示します。総合プロデューサーはシュルツ氏と親交があった、日本人アーティスト大谷芳照(おおたによしてる)氏。
今まで見たことのない、驚きと発見のある本展をどうぞ、お楽しみください。

展覧会名:スヌーピー・ファンタレーション スヌーピー×おもしろサイエンスアート展
会期:2018年8月15日(水)〜27日(月)10:00〜19:30(閉場20:00)※最終日は16:30まで(閉場17:00)※8月16日(木)は17:30まで(閉場18:00)
会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階 特設会場
入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料 ※入場料は消費税込
主催:中日新聞社、スヌーピー・ファンタレーション制作委員会
後援:アメリカ合衆国大使館
特別協力:Charles M. Schulz Creative Associates、Peanuts Worldwide LLC
協力:AIT愛知工業大学、ソニー株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ

© 2018  Peanuts Worldwide LLC www.SNOOPY.co.jp

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る