『笑顔の魔法おしえます。』スペシャルインタビュー

旬な俳優陣がド田舎遊園地を駆け回る!
がんばるアナタにポジティブな魔法をかけるお仕事エンターテインメント!

ストーリー

仕事も、恋も、本気になったら人生が変わる?!
夢と希望にあふれて、彼氏と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美に言い渡されたのは、系列会社が運営する地方の遊園地グリーンランドへの配属辞令だった…! 
ふてくされながらも、“魔法使い”と呼ばれる風変わりなカリスマ上司・小塚慶彦と個性的すぎる従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。
小塚に対して、憧れとも恋ともわからない感情を抱きだしたある日、久瑠美は小塚の秘密を知ってしまう…
働く人なら誰でも共感する悩みを抱えながら、やがて仕事の極意を掴みとる久瑠美の姿に思わず拍手喝采!!
知っているようで知らない“遊園地の舞台裏”を舞台にした、最高にハッピーな “お仕事エンターテインメント”が誕生!!!


10月26日から全国公開中の『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の主演の波瑠さん、西島さんをインタビューしました。

Q. 今回初共演ですよね? お会いする前に抱いていたイメージと実際にお仕事をされてからのイメージを教えてください。

波瑠さん:
今まではテレビなどで作品に出られている姿や雑誌でしか拝見したことがなかったので、少し気難しいイメージでした。でもとびっきり気難しい意味ではなく、きちんとお仕事をされてきた男性だからこそあって、いろんなお話はできないんじゃないかというイメージがありました。
でも撮影が始まったら、イメージがひっくり返りました。真面目に真摯に役に向き合っていたり、人間味をすごく感じました。

Q.役者さん同士、相性などあると思うのですが、波留さんとコンビとしてみたときに演じやすい相手だったのでしょうか?

西島さん:
実際、脚本を読んでいて、波平の感情が動くシーンが自分が無意識に予想しているよりもはるかに自分の心に深く刺さってくるので、それは相性というか。
波瑠ちゃんがそれだけ深く読み込んで、僕が思ってるよりも役の感情をすごく豊かに表現してるんでこっちもそれを受けるのかなって思いますね。

Q.やはり影響を受けるのは役者さんが多いんですか?

波瑠さん:
色々ですね。現場の技術スタッフさんであったり、町にいる自分とは知り合いでない皆さん。演じるって特殊な世界だと思うんですけど、その特殊な世界の中で与えられればどこまでも普通ができなきゃいけないっていうのがあります。教えて下さいっていうよりは、見て勉強しますね。

Q. 働いてみたいなーって思うほどみなさんがいいお顔をされていたのですが、そういったお仕事の経験はないんですか?

西島さん:
ないですね。でも本当にみなさん裏では園が終わってからもアイデアを出したり、そういう大変な思いをしてるっていう裏側も結構見えるので、そこを見ていただけると。


お二人ともグリーンランドについて、とても楽しそうに話していただきました。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。
波瑠、西島秀俊
岡山天音、深水元基、戸田昌宏、朝倉えりか、久保酎吉 コング桑田 中村倫也 濱田マリ/橋本愛/柄本明
監督:波多野貴文
脚本:吉田恵里香
原作:小森陽一『オズの世界』(集英社文庫刊)
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会
2018年10月26日(土)よりミッドランドシネマほかにてロードショー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る