杏沙子 スペシャルインタビュー

歌い手からシンガーへの道のり

YouTubeなどで歌い手として火がつき、その後、ミニアルバム「花火の魔法」にてビクターエンタテインメントよりメジャーデビューされましたが、決まった時はどんな気持ちでしたか?

杏沙子:メジャーデビューが決まったのは去年だったんです。もちろんうれしいという気持ちもあったんですが、これからは今まで以上にいい作品、いい歌を作っていかないといけないなという気持ちの方が大きくて、背筋が伸びる気持ちになりました。

歌うことが好きでしたか?

杏沙子:鳥取県は車社会で、私が住んでいたところも最寄り駅まで歩いて30分かかったので、どこに行くにも母が運転した車で移動していました。
車ではいつも母が音楽をかけて歌っていて、私はその姿を見て育ってきたので、歌うことが普通だと思いましたし、好きになりました。なので、小学校くらいから自然と歌い手になりたいと思うようになりましたね。

YouTubeで作品を発表するようになったのはなぜですか?

杏沙子:インディーズの時に、新しいつながりが生まれると思って、YouTubeで「道」「アップルティー」「マイダーリン」3曲のMVを発表しました。たくさんの方に見ていただけて、最終的に500万回以上の再生数になりました。

活動している中で大変なことってありますか?

杏沙子:インディーズの頃は、大変だなってあまり思わなかったです。やっぱりでも、活動を通じてたくさんの人とつながって、MVを制作して発表すると、お客さんも目に見えて増えていくのが実感できて楽しかったし、もっと頑張ろうって思えました。
メジャーデビューした今でも、大変だなとは思っていないし、特別何も変わっていないんですが、毎回自分が100%だと思うものを作っていかなきゃいけないなっていう心持ちはできました。

今後はどのような歌を歌っていきたいですか?

杏沙子:ミニアルバム「花火の魔法」は5曲が収録されているんですが、全て曲調が違うカラーの曲曲に合わせて声を変えて歌っているのがわかっていただけると思います。私は声の幅や声の表情で世界観を作っていけるシンガーになりたいと思っているので、もっと声の可能性を広げていけるような曲にいろいろ挑戦していきたいと思っています。

魅力のある人はどんな人だと思いますか? もしくはどんな人になりたいですか?

杏沙子:感情を全て素直に出せる人が素敵だなって思います。今幸せだね!とか、今嬉しい!とか、感情を口に出したり顔で表現できるような人は素敵だなって思うし、そういう人になりたいなって思います!

最後にベクスの読者に向けて一言お願いします。

杏沙子:今はリリースしたばかりなので、是非ミニアルバムを気になってくださった方がいたら聴いてもらいたいですし、9月にワンマンライブが東京と大阪であるので、是非アルバムを聴いてライブに来ていただけたらと思います。

そんな杏沙子さんの歌声を試聴できます!↓↓↓

 

杏沙子 ミニアルバム『花火の魔法』
VICL-65025/¥1,600+税
※初回生産分のみデジパック仕様
<収録曲>
1. 天気雨の中の私たち
2. マイダーリン (re-recording)
3. クラゲになった日の話
4. 流れ星
5. 花火の魔法

杏沙子さんからサイン入りチェキを
2名様にプレゼント!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る