古代アンデス文明展 開催

はるか地球の裏側、
南アメリカ大陸で興亡を繰り広げた古代アンデス文明-
いま、ここでよみがえる

古代アンデス文明とは南アメリカ大陸太平洋沿岸部の南北4000km、標高差4500mに及ぶ広大な空間において、先史時代からインカ帝国が滅亡する16世紀までの間に盛衰した文化全体をさします。空間・時間ともに長大な世界を舞台に、多種多様な文化が育まれました。ナスカの地上絵やインカ帝国のマチュピチュといった巨大な遺跡が残され、神々や死者を象った土器、精巧な黄金製品や織物、ミイラなど、それぞれの文化において独特で神秘的な世界観が広がっています。

本展覧会では古代アンデス文明を代表する9つの文化を中心に、選び抜かれた貴重な資料約200点から秘められた文明を紹介します。

展覧会名:特別展「古代アンデス文明展」
会  期:平成30年(2018)年10月6日(土)〜12月2日(日)
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
休 館 日:毎週月曜日・第4火曜日(ただし10/8(月・祝)は開館、10/9(火)は閉館)
会  場:名古屋市博物館
観 覧 料:一般1,300(1,100)円、高大生900(700)円、小中生500(300)円 ※カッコ内は前売および20名以上の団体料金 ※前売券は10月5日(金)まで販売
主  催:名古屋市博物館、CBCテレビ、中日新聞社
後  援:ペルー大使館、ボリビア大使館
協  力:ペルー文化省、ボリビア文化観光省、NTTドコモ、クントゥル・ワシ調査団、国立民族学博物館、東京大学総合研究博物館、CBCラジオ、近畿日本鉄道
企画制作:国立科学博物館、TBSテレビ
お問い合わせ:名古屋市博物館(052-853-2655)

招待券を
5組10名様にプレゼント!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る