2恋をあきらめるには

読者のお悩みをもとにした、いい女になるための極意を指南するこのコーナー。第2回目のテーマは、『禁断の恋を諦める方法』。魅力的だけれど強い毒を持つ禁断の果実を、思いっきり振りかぶってゴミ箱に叩き込むための考え方を伝授します!


付き合ったらどうなる?
リアルに何度も想像して


まずは、妻がいる男性と付き合った場合にどんなことが起こるのか、いくつものパターンを想像してみましょう。例えば、人前で堂々と会えない、会いたいときに自由に会えない、すぐに結婚できない、自分を最優先にしてもらえない…などなど。いずれにしても寂しいことばかりですよね。後ろめたい気持ちや周囲に言えない悲しさがいつも付きまとい、デートも全力で楽しめないかもしれません。
付き合ったときの雰囲気を想像できたら、次に将来のシミュレーションをしてみましょう。あなたが彼と最終的にたどり着きたい目標に向かうために、乗り越えなければならないことをリストに書き出してみます。もし最終目標が結婚だった場合、まずは彼に今の妻と離婚をしてもらい、さらに子どもがいる場合は、親権や養育費について話し合ってもらわなければなりません。また、結婚するからには自分の両親に状況を説明する必要もあるでしょう。これらをどんどんリストにしていくと、いくつもの難題があることが目で理解できるようになり、あきらめの土台が作られていきます。


幸せになれないなら
潔くあきらめよう!


何日かかけてシミュレーションを繰り返し、2人のリアルな結末まで想像してみてください。もしどう考えても最終的に自分が幸せになれない結果が多く想像できるならば、その恋はすでに「する価値がない」ということ。わざわざ不幸せになるために恋をする必要はありませんので、答えが出たら潔く手放して、すぐ次の恋に切り替えましょう! 人の心理は、「○○しちゃダメ」と言われると、やりたくなる衝動を持っています。しかし、危険な恋に好奇心や突発的な衝動で手を出すと、とんでもないしっぺ返しに遭うことも。後悔したくなければ、よく熟考してしっかりあきらめる力をつけましょう。『幸せになるためのあきらめ』ができる女は、最後に本当の幸せをゲットできるはずですよ!


潔くあきらめる、とはいっても、一度好きになってしまった気持ちを突然ゼロにするのは難しいもの。頑張ってあきらめた自分をもう一度立ち上がらせるため、自分に合った逃避法を実践してみて。
当てはまるものが多いタイプがあなたにぴったりの方法です。

自分の強みがあれば
失恋から守る鎧になる!

恋に人生すべてをかけるほどパワーを使っていると、彼や恋愛自体に依存してしまい、恋をあきらめることに恐怖を感じてしまうことも。恋愛は生きる上で大切な要素ですが、もし恋を一時的に失っても自分で立っていられるよう、自分の『強み』となるものを手に入れておくといいでしょう。
それは仕事でも趣味でも、なんでもOK。「これだけは負けない」、「誰よりも詳しい」、「夢中になれる」というものを1つ以上手にしておけば、恋をあきらめなければならなくなっても一時的にすがることができますし、自信を失わずにいられるので立ち直りも早めです。
もし今はまだ『強み』になるものが何もないなら、まずはいろいろなことにチャレンジしてみましょう。仕事を強みにしたい方は、資格を取るのもオススメ。達成感は自信につながり、心を大きく成長させてくれますよ。
『強み』は自信という立派な鎧になって、あなたの失恋から身を守ってくれるはず。素敵な恋を探しつつ自分を磨くことも怠らずにいれば、グン!といい女度がアップすること、間違いなしです!

この記事の著者

凜音(りんね)恋愛コラムニスト

恋愛コスメショップ勤務や、自身の結婚・離婚経験から恋愛や性に前向きな女性の生き方を提案するコラムニスト。
心理カウンセラー、カラーセラピスト、筆跡アナリストを習得し、最近では筆跡心理学講座の講師やテレビ出演も。情報サイト女子SPA! では、芸能人の筆跡分析が話題に。その他、漫画脚本や官能小説の執筆など幅広く活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る