お部屋をスッキリ&カラーチェンジ! プチ模様替えで女子力UP↑ 大作戦!

季節が変わるとファッションもメイクもガラッと変えたくなりますが、気分も一新したいなら模様替えがオススメ。 ちょっぴりお部屋のイメージを変えるだけで、日々の生活や装いがリフレッシュできます! この秋は「片付け」と「カラーチェンジ」で女子力アップを目指しましょう♪


部屋の片付けビフォーアフター イラスト:海辺野ジョー

お部屋の印象は
3つのポイントで変わる!

模様替えといっても、大きな家具を動かさなくても大丈夫!「片付け」「観葉植物」「照明」の3つのポイントを押さえるだけで、見違えるようにお部屋が美しくチェンジします。これらは部屋の印象をよく見せたり、目線をはずさせたりという物理的な演出に加え、運気上昇につながる効果も。簡単なのでぜひチャレンジしてみてください!

1.片付け

まずは目につく汚れは掃除をしましょう。出しっぱなしの洋服もクローゼットへ。また床に置いているものはすべて棚の上、もしくは収納すること。床に置くとすべての運気が下がりますよ! 靴も使うものだけ玄関に出し、他はすべて靴箱にしまうようにしましょう。

2.観葉植物

観葉植物やお花などの装飾品は、部屋に入ってすぐ目につきやすいので、多少ごちゃっとしている一角があっても、目線をはずす効果があります。また生きた緑の力は、部屋にも自分にもパワーを与え、運気もアップ! リビングなどのメインとなる部屋や、家の気の入口である玄関に置くと、華やかさと元気をプラスできますよ。

3.照明

メインの照明だけでなく、テーブルランプなどの間接照明で部屋を明るく見せましょう。観葉植物と同じく目線をはずす効果、また部屋全体を美しく見せることができます。間接照明では黄色っぽい色の電球を使うと、壁紙が優しい色に見えて、部屋の雰囲気がグッと品よく仕上がります。
続いては、カラーチェンジでお部屋のイメージと運気を上げていきましょう!


お部屋別! おすすめカラー事典!

普段何気なく感じる「色」ですが、正体は光の波動。目から脳に伝わり、体全体に響くとマッサージのような刺激を与えます。 そこで、心と体にエネルギーをチャージする、おすすめカラーをお部屋別にご紹介! 自分に力を与える色をぜひ取り入れて!

リビング イラスト:海辺野ジョー
メインになる部屋には、幸せを呼び込むオレンジとピンクがオススメ! オレンジは仕事、ピンクは恋愛にいい影響を及ぼす色とされています。ピンクのクッション、オレンジのお花などの小物で取り入れてもOK!

 

トイレ ビフォーアフター イラスト:海辺野ジョー
心を落ち着かせるパープルや、リラックスさせるグリーンなら、トイレが安らぎの空間に。イエローは体の動きを活発にしてくれるので、便秘の方はマットやお花で色をプラスするといいかもしれません。

 

バスルーム ビフォーアフター イラスト:海辺野ジョー
グリーンやホワイトは安らぎを与える色。洗面器やタオルで色をプラスしましょう。お風呂自体が白やピンクであれば、挿し色にゴールド系がオススメ。幸福感をアップさせます。

 

寝室 イラスト:海辺野ジョー
眠りの質を上げるにはラベンダー色とブルーの組み合わせが効果的。パジャマやシーツ、枕カバーに取り入れるとよいでしょう。部屋全体に夜空をイメージさせるのが理想的です!


あなたの部屋は大丈夫?
凶を呼び込む負の配色

色にも相性があり、単色ではいい影響のある色でも掛け合わせることで負の効果を与えるという配色が2つあります。1つは「グリーン×ブラウン」。やる気を失わせ、体調を崩しやすくします。もし、こげ茶のフローリングに緑のカーテンを組み合わせていたら、カーテンをブルーに替えましょう。体を健やかにさせる配色にチェンジできます。
緑から青へ

そしてもう1つの配色は「ピンク×グレー」。この組み合わせは老いと別れを呼びやすくします。もしあなたのバスルームの床がグレーでピンクのお風呂の場合は、グリーンのマットを敷いて床の色を隠すと、筋肉の緊張を解いてリラックスできる空間に変わりますよ!
グレーからグリーン
いずれの配色も、メインで使う部屋では使わないようにした方がベター。替えられるものであれば、模様替えのタイミングでカラーチェンジをオススメします。色を変えるだけで、想像以上に居心地のいい空間を作ることができますよ!

配色フッター画像

この記事の著者

凜音(りんね)恋愛コラムニスト

恋愛コスメショップ勤務や、自身の結婚・離婚経験から恋愛や性に前向きな女性の生き方を提案するコラムニスト。心理カウンセラー、カラーセラピスト、筆跡アナリストを習得し、リビングむさしのWebにて『ちょっとしたことで運気を上げる! 今月のラッキーアイテム』を連載中。情報サイト女子SPA!のライターとしても活躍中。最近は漫画脚本や官能小説の執筆も。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る