シミとは、メラニン色素の増加でお肌の一部が茶色っぽく変化してしまうこと。
シミケアの方法は多数ありますが、シミには様々な種類があるので、どんなシミが見分け、それに合ったケアをする必要があります。

そばかす
主に頬や目の下に見られる3-5mm程の細かい薄茶色の色素斑。紫外線・ホルモンバランスの他に、遺伝的な要因も多いようです。

・日光性黒子
平で、比較的大きな円形の褐色色素斑で、中年以上の女性に多くみられます。紫外線を浴びることにより大量にメラニンが作られることと、皮膚の老化が原因のようです。

・炎症後色素沈着
にきびや皮膚の炎症の痕がシミとして残ってしまったもの。炎症を起こしている皮膚を紫外線にさらしてしまうと起こりやすくなってしまうそうです。また、香水をつけた部分や、脱毛した部分が黒くなってしまう場合もあるようです。

・肝斑
主に目じりや頬骨あたりに左右対称に現れ、30~40歳の方に発症することが多いそうです。紫外線やホルモンバランス、ストレスなどが原因といわれています。

・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
そばかすや肝斑と似ていますが、皮膚のもっと奥に色素沈着するもので、正確にはアザに分類されるものだそうです。遺伝や紫外線、ホルモンバランス、皮膚の老化が原因と考えられているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts

リードディフューザー

アルブチン

エラスチン

コラーゲン

フラーレン

水素美容