コラーゲンとはタンパク質の1つで、特に肌のハリに関して重要な物質です。
人間にとっても女性にとってもかかせない成分で、主に皮膚やそれぞれの器官、組織を繋ぎ止める役割をしています。

一般的に25歳くらいから年齢とともに減少していくと言われ、減少すると肌だけでなく、髪の毛が細く抜けやすくなってしまったり、骨密度の減少や関節痛を引き起こす一因にもなります。

コラーゲンは通常の状態では体内でアミノ酸に分解されてしまい、多くは吸収されづらいようですが、コラーゲンペプチドという、体内に吸収されやすいよう低分子に加工されたものもあるようです。
また、ビタミンCは体内でのコラーゲン生成に役立つ成分ですので、併せて摂取するとより効果的なようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts

リードディフューザー

アルブチン

エラスチン

フラーレン

水素美容

抗酸化物質