かっさ療法とは、
「刮(かつ)」…こする、けずる
「さ」…血液の滞り
という意味で、2千年以上前から中国で行われてきた民間療法です。
かっさ板と呼ばれる水牛のツノや天然石のヒスイでつくられたヘラを使って経絡(ツボの流れ)に沿ってこすり、停滞している老廃物やリンパ液の流れを促して代謝を促進させます。
(皮膚を保護する意味で滑剤(ジェル)を使います。)
顔に使うと、美白・毛穴のひきしめ・くすみ、しわ改善・リフトアップなど、さまざまな美顔効果が期待できるといわれ、
身体に使うと、むくみ改善・内蔵のはたらきを高め自然治癒力を高めるなどの効果も期待できるといわれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts

リードディフューザー

アルブチン

エラスチン

コラーゲン

フラーレン

水素美容