馬の脂肪を長時間煮て、不純物をろ過した油。

昔から、切り傷や火傷の治療に民間治療薬として使われてきました。脂肪酸組成が人間に近いため、皮膚への浸透性が非常に高く、油膜を張って細胞を保護したり、体内に入り込んだ細菌類を油の中に封じ込んで細菌の働きを抑え、細菌の侵入を防ぐ作用があるといわれています。

漢方を扱う病院でもアトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Posts

リードディフューザー

アルブチン

エラスチン

コラーゲン

フラーレン

水素美容