フランス語で、ベストのこと。

18世紀フランス、ロココスタイルのジレは、前身頃には上着(アビ)やキュロット(膝丈のパンツ)と同じ絹などの豪華な生地を用いて作られていましたが、通常見えない後身頃は裏地で作られていたとのこと。

現代では、フォーマルでドレスに羽織る豪華で華美なものから日常着まで、様々なシーンに合わせた素材と装飾、丈で作られています。

季節の変わり目に、ジャケットの代わりに。夏場のタンクトップやTシャツ&パンツに1枚加えるだけでも、印象がかなり変わるアイテムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加