「現実性のある服」のことをいう。
もともと、パリの服飾ブランドが1960年代後半に高級既製服(プレタポルタ)に参入して人気となり、1970年半ばには、ニューヨークの服飾ブランドが参入し人気となった。しかし、パリの物と比べ、「着回し」のできるものだったので、「リアル・クローズ」と言われていました。
現代では、ファッションショーやコレクションで見られるような奇抜なデザインではなく、一般庶民でも購入可能な価格帯にあるファッション性の高い服のことを言うようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加