エスパドリーユとは、ソール部分を麻などの素材で縄のようにして作ってある靴のこと。
略してエスパとも呼びます。
元々はエスパルトというイネ科の草でソールを作っていたことが名前の由来になっているようです。
通気性とクッション性に優れ、裸足で履けるのでフランスでは夏の室内履きとして使用されています。
近年は外出用の靴として多数のハイブランドも力をいれている注目アイテムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加