7月も半ばに差し掛かり、夏休みも目前となってきました!今年は梅雨も早く明けると言われていますが、海や山など屋外レジャーの予定を立てている方も多いのではないでしょうか?そんな中、女性が気になるのは「日焼け」。そこでドクターシーラボでは、「レジャーでの紫外線対策」について、女性444名にアンケート調査を実施。過去の紫外線対策の失敗などから今年の紫外線対策のヒントを探り、効果的な方法をお教えします!
<調査概要:インターネット調査 ドクターシーラボWEB会員 444名 2012年7月>

■今夏、女性の71%がレジャーに出かける予定あり!

今夏のレジャー(テーマパークや海、山など)の予定を女性に質問したところ、「具体的な予定がある」(28%)、「具体的な予定はないが、行こうと思っている」(43%)と回答した女性を合わせると71%にのぼり、多くの女性がレジャーに出かける予定があることが分かりました。

■レジャーに出かける際の紫外線対策、何してる?その中での悩みは??

レジャーの際の紫外線対策としては、84%の女性が「日焼け止めを使用する」回答し、ほとんどの女性が「レジャーには日焼け止め」という意識が高いことが見て取れます。
また、レジャーでの日焼け止め使用の悩みを質問したところ、ダントツで多かった悩みが「塗り直し」(75名)。その中でも「化粧した後から塗り直すことに抵抗がある」「ファンデーションの上から日焼け止めを塗れないので困る。」「汗をかいた後、顔を洗えずタオルでふいただけで上から日焼け止めを塗るのが、不衛生な感じがしてとても気持ちワルイ。」といった回答が多数見られ、特にメイクをした後や汗をかいた後の日焼け止めの塗り直しに悩んでいる女性が多いことが予想されます。

■レジャーでの紫外線対策の失敗・・・第1位は「日焼け止めの塗り忘れ」!

女性なら一度は経験したことがある?!「レジャーでの紫外線対策の失敗談」をたずねたところ、一番多かった回答は「日焼け止めの塗り忘れ」(67名)!さらに、塗り忘れた箇所別に見てみると、多いものから「足の甲」、「首」、「耳」という結果に。
「足の甲に塗るのを忘れて、サンダル跡がくっきり。」など「サンダル焼け」の失敗を挙げる方や、「首に塗るのを忘れ、高原散策して宿に到着し、着替えをして鏡をみたらポロシャツの襟のあとがくっきり。お風呂上りなのに食堂は他の人の目もあり、同じシャツを着るハメに・・・」という方も。
その他にも日焼け止めの塗り過ぎで「顔が白塗りお化けのようで、写真が怖い!」といった少し笑えるものから、「若かりし頃、浜辺で肩を出していたら、両肩とも、手のひら大の水ぶくれが出来た」と深刻な回答まで様々な「失敗談」が集まりました。
こうした失敗をしないための方法を次のB-ex Pressでご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加