イギリスの老舗百貨店・リバティ社が扱う、細かい小花模様を全面にびっしりと配したデザインのプリント生地を発祥としています。現在では一般的な言葉として、小花模様の事をそう呼ぶこともあります。

基本はアール・ヌーヴォー調のデザインですが、現代のリバティ社のプリントは、大胆に大きく花をあしらった南国風のものや、花以外のモチーフを使ったものなど、様々な柄のプリントが販売されています。素材は綿ローン。

日本でも、大手手芸用品点や通販サイトで、本家リバティ社の布地を手に入れることが可能です。

流行に左右されない、長く愛用できるデザインです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

トレンドをキャッチ!!ファッション用語集
ステートメントネックレス
チェスターコート
レギンス
ドッキングドレス
レースアップ