生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2013年の春夏における美容トレンドのひとつとして、「まつ毛美容液」に注目し、レポートします。

専門家インタビュー

<美容ジャーナリスト・木更 容子氏に聞く「まつ毛美容液」ブームの背景>
現在、女性たちの間で「まつ毛ケア」への意識が急速に高まっています。今回は、美容ジャーナリスト・木更 容子氏に、その背景や、現在注目を集めている「まつ毛美容液」についてお話をお伺いしました。
■「トリートメント」だけでなく「育毛効果」が期待できる製品が登場したことで、注目度がアップ
美容感度の高い人は、早くから海外で話題の「まつ毛美容液」をおみやげに頼むなどしていましたが、昨年あたりから、クリニック系メーカーや大手国産メーカーも参入し、いよいよ本格ブームの兆しを見せています。最近では、まつ毛に栄養を与えるだけの製品より、医療から発想を得た薬剤を応用した製品など「育毛効果」が期待できる製品に注目が集まっているようです。
まつ毛ケアが、「トリートメント」で終わっていた時代は、まつ毛美容液もさほど盛り上がっていませんでしたが、「育毛効果」が期待できる製品が登場したことで、美容意識の高いユーザーを中心に「やらなきゃ損!」という空気が高まりました。クチコミなどを見ていても、「育毛」の手応えが感じられる本格的なまつ毛美容液が増えていると感じます。
中でも、ブームの火付け役となった「スカルプD」シリーズのまつ毛美容液は、男性用育毛シャンプーですでに大きな人気と信頼を得ているだけに、多くの女性たちから「生えそう」という期待が集まり、実際に使用した人からもクチコミが広まったと言えます。そして、このヒットをきっかけに、「まつ毛美容液」市場全体が盛り上がり、あらためて他の製品にも注目が集まりだしました。今後は、このような流れから、雑誌・ネット・クチコミなどの情報において、まつ毛を「生やす」「育てる」上で効果が期待できそうな美容液はどれか、最新情報を得ようとする動きがますます増えるのではと思います。

店舗インタビュー

<PLAZAスタッフに聞く、人気の「まつ毛美容液」>
続いて、女性たちに人気のショップ・PLAZAのプレス担当・久保氏に、「まつ毛美容液」カテゴリーの売れ行き状況や、ヒットしている商品の傾向についてインタビューを実施しました。
■盛り上がりを見せる「まつ毛美容液」商品・・・特設コーナーをつくる店舗も
「盛り」系のまつ毛メイクが流行し、自まつ毛の傷みを気にする人が増えてきたためか、2007年頃から、まつ毛のケアができるアイテムが人気を集め出しました。はじめに注目が集まっていたのは、メイクをしながらケアもできる、美容成分入りのマスカラ。そしてその後、美容感度の高い女性を中心に、ケアへの意識がより高まり、「まつ毛美容液」にも関心が集まるようになりました。「まつ毛美容液」は、今まではどちらかというとマイナーなアイテムでしたが、
最近では多くの女性にとって身近なものになっているのではと思います。特に2011年頃からは新商品も多く登場するようになり、まつ毛美容液の「特設コーナー」を作る店舗も出てくるほど盛り上がりを見せています。
■「スカルプD」のまつ毛美容液が人気をけん引
まつ毛美容液自体はもともとあったカテゴリーですが、単純に「ケアができる」だけではなく、「生えそう」「伸びそう」といった期待感や、実際に効果を感じた人からのクチコミで、売れ行きが伸びています。特に、「まつ毛美容液」の中でも、「スカルプD」発のまつ毛美容液は、2012年の年末~2013年の年始にかけて、店舗で品切れが続出するほどの人気を集めました。

消費者意識調査

<女性たちの、「まつ毛」に対する意識の高まり>
さらに今回は、10~30代の女性を対象に、「まつ毛メイク」や「まつ毛美容液」への意識・関心について調査をおこないました。(調査期間:2013年4月12日~15日)
■普段から「まつ毛メイク」をしている女性は71%!一方で、「自まつ毛への負担」を感じている女性も・・・
はじめに、普段の「まつ毛メイク」について質問をしました。その結果、71%の女性が普段から何らかの「まつ毛メイク」をしていることが明らかに。一方で、「まつ毛メイクは、自まつ毛の負担になっていると感じますか?」という質問には、73%が「そう感じる」と回答。具体的には、「つけまつ毛を取るとき、たまに自まつ毛が抜ける。(18歳・愛知県)」、「マスカラを取る時のクレンジング剤やこする行為が、自まつ毛に負担をかけていそう。(33歳・愛知県)」などの回答があがりました。
■メディアやクチコミでも話題に・・・6割が「まつ毛美容液ユーザーが増えている」と実感
そこで、日頃の「自まつ毛のケア」についても聞いたところ、日常的にケアをしている女性が20%、今後ケアをするつもりの人が32%という結果に。また、「まつ毛美容液」の利用経験がある女性も、36%と3人に1人にのぼりました。さらに、「現在、まつ毛美容液を使っている女性が増えていると思いますか?」という質問には56%と約6割が「そう思う」と回答。具体的にその理由を聞くと「よく商品を見かけるようになった。(29歳・東京都)」、「テレビや雑誌などでよく取り上げられている。」(39歳・茨城県)、「友達のクチコミで耳にするようになった。(19歳・北海道)」などの声があがりました。

注目商品紹介

<現在人気の「まつ毛美容液」ラインナップ紹介>
また、今回は専門家や店舗のコメントにも登場した製品を中心に、注目の「まつ毛美容液」を紹介してまいります。いずれも、単なる自まつ毛の「トリートメント」にとどまらず、「生えそう」「伸びそう」など、「育毛効果」への期待感のあるアイテムであるということが特徴です。
■「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」 6ml 1,680円(税込)
髪と頭皮を健康に整え、髪のハリやボリュームアップを実現するとして、男性に人気のシャンプー「スカルプD」。この「スカルプD」のまつ毛美容液が「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」です。まつ毛にも頭髪と同じようにサイクルがあることに着目し、「スカルプD」のノウハウを活かして開発した商品で、「スカルプD」の実力を目元でも実感できると、発売以来人気を集めています。これまでに女性誌でも多数取り上げられており、PLAZAや楽天などの「まつ毛
美容液」ランキングで総合1位を獲得しているほか、美容クチコミサイトの「まつ毛美容液・下地部門」で1位を獲得するなど、その実力は折り紙つき。一時は、多くの店舗で品切れとなり、入手困難な状態が続いたほどの人気商品です。使用者からも「まつ毛にハリ・コシが出て、存在感が増した」「弱っていたま
つ毛が、太く元気になった」などの声が集まっており、モニター満足度は実に87%。エクステの上からも使用可能で、6ml 1,680円というリーズナブルな価格も人気の一因のようです。
■「プレミアムアイラッシュエッセンス」 6ml 4,980円(税込)
まつ毛の「長さ」「濃さ」「ツヤ」をサポートして理想のまつ毛に近づけるという「プレミアムアイラッシュエッセンス」は、さまざまな美容エキスが配合されているのが特徴。まず、コラーゲンの生成を助けるアロエベラエキス。コラーゲンは肌の弾力性
・保湿性を高め、まつ毛を伸ばして抜けにくいまぶたの土台を作ってくれます。このほか、育毛効果のあるオタネニンジンエキス、元気で丈夫なまつ毛作りをサポートするこんぶエキスや海藻エキス、クマ・シミ・小ジワなどアイゾーンの悩みをケアして、まつ毛が映える輝く目元にするためのビルベリーエキスやセイヨウナシエキスなどが用いられています。これらの美容成分が、まぶたやまつ毛にしっかり浸透、栄養を与え保護。まつ
毛をすばやく伸ばし、強くしなやかなまつ毛に育てます。エクステにも利用可能。使用者からは「目ヂカラがアップした」「エクステ並みの素まつ毛になる」という声も。
■「リバイタラッシュ」 2.0ml 9,800円(税込) 3.5ml 16,800円(税込)
リバイタラッシュ」は、米国の眼科医、マイケル・ブリケンホフ医師が、抗癌剤の治療のためまつ毛が弱く薄くなってしまった妻のために、長い年月を費やして開発したまつ毛専用美容液です。日常のビューラーやマスカラ、エクステなどが原因でダメージを受けたまつ毛をケア。栄養成分を補うことでキューティクルの補修・保護をし、若々しく、抜けにくい健康なまつ毛へと導きます。「まつ毛が伸びる」「フサフサとボリュームがでる」と日本では未発売の頃からクチコミで一気に広がり、今では世界中のコスメ、ファッション誌で毎週、毎月のように取り上げられ、実績のある商品となっています。厚生労働省の認可により、株式会社ファーストコンサルティングが国内唯一の販売元として、正規に輸入し販売しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加