「顔のたるみ」は、「毛穴の開き」の原因のひとつです。 皮膚がたるむことにより毛穴が縦に開く「たるみ毛穴」は、初期のたるみを教えてくれる」たるみ注意報」といえます。そこで皮膚科の医師が監修したドクターシーラボ顔のたるみ研究所では、「たるみ毛穴」について10代~70代の女性1013人にアンケート調査を行い、調査結果とともにたるみ毛穴の対処法について調査しました。

◆100人中75人の女性に「たるみ注意報」!!

たるみ毛穴は顔がたるむ前兆。それに気づいて早期にケアすることが大切
顔のたるみ研究所」では、「たるみ毛穴」についてアンケート調査を実施。結果、『たるみ毛穴が気になりますか?』という問いに対して、全体の75%もの女性が「気になる」と回答。(図1)その回答数は年齢を重ねるにしたがって増加傾向にあることが分かりました。 皮膚がたるむことにより毛穴が縦に開く「たるみ毛穴」は、初期のたるみを教えてくれる「たるみ注意報」と言えます。その兆候に気づき、早期にケアすることが大切です。 また、『たるみ毛穴が気になる季節?』という問いに対して、一年中という回答が最も多く、次いで夏、春という声が多くあがりました。通年気になりやすい毛穴ですが、四季でみた場合、やはり皮脂分泌が盛んになる夏や春に気になる女性が多いようです。

◆たるみ毛穴が気になる部位は年齢によって違う!

30代は「小鼻の横の頬」、40代以降のたるみ世代は「小鼻の横の頬~頬全体」
たるみ毛穴が気になると回答した女性757名に対して、たるみ毛穴が気になる部位について調査したところ、1位が「小鼻の横の頬」、次いで「鼻」「頬」という結果になりました。 また、年代別にみると、それぞれたるみ毛穴の気になる部位が異なることが分かりました。(図2)年齢を重ねるとともにその部位は顔の下へ下へと広域に亘ることが分かります。 逆に、Tゾーンなどいわゆる皮脂を多く分泌する部位におけるたるみ毛穴の悩みは、年齢を重ねるごとに少なくなる傾向にありました。 補足:たるみ毛穴の気になる部位を年代別にみた場合、20代では「鼻」という回答が多くあげられましたが、この結果は、その年代を考慮した場合、過剰な皮脂分泌による毛穴の開きであることが推測されます。

◆毛穴が気になる人は「冷え性」「肩凝り」「喫煙」!?

たるみ毛穴が「気になる人」と「気にならない人」の差とは・・・
たるみ毛穴が「気になる人」と「気にならない人」の生活習慣や肌質などを比べた結果、いくつかの違いが明らかになりました。まず「睡眠習慣」について。たるみ毛穴が気になる人に比べ、気にならない人は「自分に適した睡眠時間を確保できている」という回答が多く、睡眠がいかに美肌作りに欠かせないかを物語る結果となりました。
また、たるみ毛穴が気になる人は「タバコを吸う」「冷え性」「肩が凝りやすい」など血行不良の傾向が高く、さらに、脂っこい食事やお菓子を好み、人よりも皮脂が出やすいと感じる脂性肌の方に多いことが分かりました。

◆たるみ毛穴は「顔のたるみ」を予兆していた!!

  
たるみ初期に現れる」たるみ毛穴」に気づき、早朝にたるみ予防&対策を始めるが勝ち!
「毛穴が縦長の楕円形(涙型)に広がりはじめた・・・」 「髪を束ねたり、こめかみを斜め上に引っ張ると毛穴が目立たなくなる」 このような心当たりのある方はいませんか? これは、肌がたるみ始めている兆候であり「たるみ毛穴」といわれます。 たるみ毛穴など目立つ毛穴の原因は、ある調査(*)によると、画一的ではなく年代によって4段階で形成されると推察されています。
<1段階 10~20代>毛穴に角栓が形成されるようになり、角栓が物理的に毛穴を開大させて面積の増大を伴って毛穴が目立つようになる。
<2段階 20~30代> 角栓が形成され続けて、緩やかに面積が増大傾向に。
<3段階 30~40代> 角栓が詰まっている割合は減少するものの、一度開大された毛穴が、老化などが原因と推察される組織の変性によって角栓のない状態でも開大した状態が維持され続け、毛穴の面積が増加。
<4段階 40~50代> 老化などによって一度開大して固着した毛穴が、緩やかにさらに増大し続ける。
このように、はじめは目立たない小さな毛穴も年齢を重ねながら丸く開大し、さらに、縦長で楕円形の「たるみ毛穴」へと変化していきます。つまり、たるみ毛穴は毛穴自体の問題というよりも加齢による顔のたるみそのものが原因であり、老化
現象の始まりなのです。 (*)フレグランスジャーナル社 毛穴・キメの生理メカニズムとその対策より一部引用
◆たるみ毛穴の原因と対処法
トラブルを引き起こす原因と適した対処法を知り、たるみ0肌を目指す!!
たるみ毛穴の原因・・・加齢によりコラーゲンやエラスチンの産生力が衰えると、肌にハリや弾力がなくなり、重力に逆らえずたるみが生じます。また、その他にも、加齢によって皮下脂肪の代謝が衰え蓄積されやすくなったり、筋肉の質が低下することで筋がゆるみ、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなるなど、あらゆる加齢変化が原因になってたるみを引き起こします。その結果、たるみにより毛穴が引っ張られると、縦長で楕円形(涙型)のたるみ毛穴になります。また、たるみ毛穴が進行して、近隣の毛穴同士がくっ付き溝になると帯状の毛穴になり、酷くなると遠目には小ジワのようにも見えます。
対応策 ・・・
<肌の弾力線維の再生促進と変性の予防>
・皮膚の真皮に存在し、加齢とともに産生が減少していくハリ・弾力線維「コラーゲン」「エラスチン」の再生を促し、さらに、同線維を変性させる糖化、酸化の原因を除去しよう!
・しっかり保湿ケアをする他、コラーゲン配合の化粧品や抗酸化成分「α-リポ酸」「コエンザイムQ10」などを配合した化粧品を使用することがお奨めです!
<たるみの原因となる 皮下脂肪の肥大化を抑制>
・加齢とともに新陳代謝が低下することによって蓄積される皮下脂肪の分解を促し、さらに蓄積を予防しよう!
・マッサージなどで血行を促すことがお奨めです!

このエントリーをはてなブックマークに追加