「ブランディア」のデファクトスタンダード社はフィリピン台風30号の被災地へ向けて衣料品を寄付しました~買い取った衣料品の一部を緊急支援物資に~
ブランド品宅配買取サービス&オークションサイト「ブランディア(http://brandear.jp/)」を運営する、株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:尾嶋崇遠)は、フィリピン台風30号の被害にあった方々へ向けて、買い取った衣料品の一部を緊急支援物資として寄付しました。

■ 背景

ブランディアでは、2011年より買い取った品物のうち、再販できないもののまだまだ使える衣料品を、協力会社を通じ、フィリピンの恵まれない子供たちやお年寄りへの寄付活動を行ってまいりました。
以降、数回にわたり寄付を実施し、当社と馴染みの深いフィリピンで発生した今回の大型台風30号の被害を受け、緊急支援として今回も買い取った衣料品の一部をフィリピンへ寄付いたしました。

■ 実施概要

<寄付先>株式会社リアルス
<寄付物資>衣料品 ダンボール100箱分(1箱約70着程度梱包)
<実施日>2013年11月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加